Monthly Archives: 1月 2017

お肌と肝臓は、とても密接な関係

女性の身体は、出産後しばらくの期間、長い間に保っていたホルモンバランスが崩壊してしまうので、様々なトラブルが起こるようです。
シワ、肌荒れ等の肌トラブルもよく起こりがちで、悩まされている人も大勢います。
女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが出産後はいきなり量を激減し、これに加えてストレスの影響もあり、肌のバリア機能が弱って簡単に乾燥します。
そうやって乾燥し、荒れた肌は大抵敏感肌も併発しますから、肌をむやみに刺激しない、無添加の基礎化粧品などを使用して他はともかく、保湿だけは忘れないようにしましょう。
お肌と肝臓は、とても密接な関係にあります。
肝臓では、血液を通して体内でできた物質を代謝・分解することにより解毒する働きをしています。
肝臓の働きが阻害されると、有害物質を含んだ血液が再び体内を巡るので、肌に悪影響を及ぼすのです。
肝臓を健康に保つことが、お肌を内面からキレイにするキーポイントなのです。
紫外線あるいは肌のターンオーバーに支障がある場合、肌のくすみとなって現れるといったデータもあります。
乱れがちな肌の調子をよくしてくれる方法に、アロマオイルがあるようです。
特に、新陳代謝を上げて肌を生まれ変わらせてくれるネロリや、血液循環の促進に効果のあるゼラニウムは、くすみに最適です。
マッサージに利用するのはもちろん、何滴かをスチームの中にまぜて使用してみるのも手です。
緑茶は、お茶の中でもトップクラスの最近話題のカテキンをたくさん含んでいます。
カテキンは、加熱などでビタミンCが壊れることを防ぎ、ビタミンCが体内で有効に働くようにしています。
活き活きした白い肌を保つためにビタミンCは必須の栄養素なので、カテキンとビタミンCの両方を同時に体内にとりこんでいけば、メラニン色素が沈着し、シミの元になることを予防してくれるのです。
甘いものはつい食べてしまいがちですが、要注意です。
糖質を摂り過ぎると、くすみの原因になるのです。
体内で糖分がタンパク質と反応し、全身で老化を引き起こす糖化産物が身体のあちこちに増えるのです。
この糖化がお肌のコラーゲンに起きると、黄ぐすみが目立ってきたり、シミの増加や、シワ、たるみを起こしたりする原因になってしまいます。
みかんのような柑橘類は、ビタミンの宝庫です。
新陳代謝を高め、お肌にシミができるのを防ぐためにぜひ食べてほしいものです。
食べる時間帯を意識すると、みかんの美肌効果は高まります。
朝食でみかんを食べてから紫外線を浴びると、ソラレンのように、柑橘系果物に多い成分が光や紫外線を敏感に受け止める働きをして、むしろシミが広がることもあるそうです。
きれいなお肌をつくるために、紫外線を浴びない夜に食べましょう。
シミを撃退する飲み物というと飲む美容液。
ローズヒップティーです。
酸っぱくてそのままでは摂れないレモンの数十倍のたっぷりのビタミンCが摂取できる飲み物で内側からのUV対策となり、アンチエイジングの女王コラーゲンが活性化するというのですからシミが出来にくいお肌を取り戻し、透明感あふれる肌へ変化していくでしょう。
体の内側の酸化の対抗力にも優れていて、アンチエイジングにも有効です。
飲酒も、適量なら血行を良くする効果があり、美肌のためにもなるのです。
日本酒の酒粕はパックとして使えます。
くすみのない肌になるそうです。
市販の酒粕を細かくして、ボウルの中で水を少しずつ加えながら柔らかくし、すりつぶして固まりが残らないようにします。
小麦粉を少しずつ混ぜて適度な固さにし、全体がなめらかになればパックとして使えます。
ただし、アルコールに弱い方には勧められません。
肌のくすみが目立つ原因として糖分を摂りすぎていないか考えてください。
甘いものをたくさん食べる生活が続くと、どんな化粧品を使っていても茶色や黄色のくすみが目立つことがあります。
コラーゲンの働きが、過剰な糖と結合することで弱くなっている疑いがあります。
コラーゲンと糖が結合し、有害な糖化物質になることをコラーゲンの糖化と考えましょう。
全身の老化を加速させないために、糖分の摂りすぎには注意してください。
毎日仕事仕事で過ぎていき、気が付いてみるとアラサーになっていました。
そんなある日、なんとなく鏡を見て、さらにじっくり見てかなりビックリしました。
目の下のクマ、シワの増加がくっきり見てとれ、日頃の余裕のなさを思い知らされた気がしたのです。
こんなことがあってから、私は決めたことがあります。
どんなに疲れて帰ってきても面倒がって洗顔すらできないまま朝まで眠ってしまったりせず、するべきケアをちゃんとして、肌のためにできることをして、シワの増加を防いで、これ以上老け顔に見えないようにしよう、と心に誓いました。
洗顔を終えたばかりの10秒間は肌のケアにとって大変特別な時間だということを認識しましょう。
お風呂やシャワーの後ですとか洗顔フォームや洗顔石鹸などで、しっかりと洗顔をした後の肌は、なんでも吸い込む、乾ききったスポンジのような状態になっています。
この短くても貴重な時間のうちに何もしないでいるのはあまりにも惜しいことで、そんな大事な時に何もしないのは「肌にとって罪だ!」と言いたくなるほどです。
洗顔を終えたら、タオルでさっと水気をとるくらいにして、化粧水をしっかり吸い込ませてあげてください。
年齢は肌に出ます。
顏はメイクでごまかしも効きますが、肌はそうはいきません。
パッと見てよくわかりやすいのは目の下です。
ここはシワも増える一方ですし、クマもずっと離れませんので、年を経るに従い、この部分に悩む人も増えていくようです。
そして肌のつややかさや張りが加齢を原因として消えていくと、その分、シワとなって見える形で表に出てきます。
顏限定で見ていきますが、どこの部位にできたシワで悩む人が多いかというと眉間に走る縦線、目の周りの細かいシワや目尻にできる笑いジワ、それからほうれい線、このあたりがメジャーです。
テレビで芸能人の肌なんかを見たら全くシミのない美しいものですよね。
でも、やはり人間は人間ですから、実際のところは、お肌の悩みからは逃れられないのです。
たくさんの人から見られる仕事ということもあり、我々とは比べられないほど、躍起になっているに違いありません。
芸能人のスキンケア法にヒントを得れば、もしかしたら、肌のお手入れに利用できるかもしれませんよね。
色々な人を見て、個人的に実感してることですが、顏のシワがはっきりしてくるのはだいたい38歳くらいかなと思っています。
このくらいの年齢になると本当に実感するのですが、なかなか疲れがとれなかったり、巨大なクマやほうれい線がなんだか急に顔の中で目立つ存在になってきたように思えます。
38歳以前だと、肌のコンディションが最低レベルになっていても、ちゃんをケアをして睡眠をとればすぐに復活を果たしていたはずでしたが、38歳になった途端、お肌の調子が整うまで、かなり時間がかかってしまい、もうずっと、疲れた状態が続いているように思います。
肌が薄いタイプの人は、そうでない人よりシワが多くなると聞いたことはおありでしょうか。
もしかしたら自分がそうかもしれない、と心当たりのある場合は肌を見るとある程度わかりますから、少し確認してみましょう。
血管が青く透けて見えるような人は気を付けたいです。
どうして皮膚が薄いとシワになるかと言いますとその薄さで、物理的に水分を蓄えておけません。
それで、肌のハリが失われて、そうすると肌がしぼみ、シワがよります。
そして通常、肌は年齢とともに薄くなっていくものであり、いつも肌の様子を気にかけておきましょう。
35歳ともなると、服などで隠せない顔や手の部分にシミが見え始め、見るたびに増えているような気がします。
原因はよくわかっていて、日光に含まれる紫外線、それが私の肌を容赦なく焼いたのです。
子どもが生まれ、少し大きくなって親子そろって毎日、公園で遊んでいました。
二人分の支度は意外と手間がかかるものです。
よっぽど早起きでもしない限り、自分の日焼け対策にまで手が回りません。
でも、いくら時間が無くても、日焼け止めくらいは塗らなくてはいけませんよね。
後悔先に立たずですから。
厳しい夏が終わった秋口から冬にかけてと季節の変わり目には、肌の乾燥が気になって仕方なくなります。
うっかりすると目の周りなどは細かいシワだらけになってしまっているし、荒れて赤くなったりすることもあります。
こういう時期、スキンケアはお肌の生命線だと思っていますので特に念入りに行っているわけですが、化粧水や乳液でのケアだけでは物足らなくなってきてオイルの使用も始めてみました。
オイルも種類があって少しはまりそうなのですが少し前まではホホバオイル、今はココナッツオイルを使ってます。
顏にいつの間にか増えてしまったシワについては消せるものなら消したいものです。
シワのできる原因は色々あれど、つまるところこれは老化現象であり、もう一つは紫外線の影響が、かなり大きいことがわかっています。
シワができるのをなるべく防ぐため、日焼け止めをし、帽子、日傘、あるいはサングラスなど、一年を通して紫外線対策をし、日焼けしてしまったら、日にちをおかずに、できればその日のうちにしっかり肌をクールダウンしてあげて、化粧水や美容液でしっかり保湿、シミ予防、乾燥防止につとめましょう。
こういったことの積み重ねが、つまるところアンチエイジングにつながることにもなります。
シミに効果的な肌対策としてパックをお勧めします。
保湿はもちろん、美白に有効な成分をたっぷりと含むフェイスマスクでパックすると、メラニンの生成を抑える役割を果たしてくれ、お肌が透き通ったと感じるようになるでしょう。
思いがけなく日焼けした際に特に効果があり、その日すぐにちゃんとケアをすることにより、できてしまう前にシミを食い止められます。
若い人の肌はバリア機能が充分に働いていて比較的頑丈ですが、だからといって日々の肌のケアをすることなく、若いしまだまだ問題はない、と思っていませんか?20代の肌にだって、普通にシワはできます。
シワが発生する原因としては主に紫外線や乾燥が肌に与える損傷ですが、それらのダメージが一日一日と積み重なって長く肌に影響するのです。
ですから、健康的な瑞々しい肌を維持していくつもりなら、ぜひ20代のうちに、日々のスキンケア習慣をつけておいた方がいいでしょう。
お肌にシミが多いと、年をとって見えてしまうでしょう。
そもそもシミとは何なのかというと、皮膚の細胞内で産生されたメラニン色素が表面から剥がれることなく蓄積されたものです。
お肌のターンオーバーを正常化することで少しはシミを目立たなくすることが可能となりますが、ピーリングをして溜まった角質を落とすと、よりその効果が現れやすくなります。
ただし、過剰なピーリングを行うと、肌に負担をかけてしまうでしょう。
ヨーグルトを食べると、乳酸菌はもちろん、ビタミンB、フルーツ酸などを摂取できます。
乳酸菌は免疫力を向上させ、お肌のバリア機能を高めます。
ビタミンBはお肌のターンオーバーを活発にする役目を担っています。
加えて、フルーツ酸は皮膚表面の角質層を緩くし、はがれるようにする作用があることで知られています。
このような作用を生かすことでシミ・くすみ対策と美白に効果を果たしています。
ですから、ヨーグルトはシミを薄くするためにも、摂りたい食べ物です。
一日最低2リットルの水を飲むことが全身の健康を保ってくれるでしょう。
そして、お肌にとっても水分は欠かせません。
水分不足はお肌の血行を悪くし、老廃物が排出されないため、くすみやシミを引き起こしてしまいます。
また、肌の奥から乾燥して、くすみばかりかシワも目立つ結果になるので、日頃から意識して水分を摂るようにしましょう。
皮膚のかゆみをがまんできずに何度も強く掻いたり、鼻かぜや花粉症で花を何度も何度もかんでいると、そのことで肌は徐々に薄くなっていってしまいます。
肌の構造をみてみると、一番外側にあって私たちが目にしているのが表皮であり、これはとても薄い層がいくつも重なってできており、掻いたり擦ったりを繰り返すと、表皮の薄い層はすり減っていきます。
表皮はいわば、皮膚のバリアですから、これがすり減ると、すぐ下の真皮も損傷が及ぶ可能性が大きくなってくるのです。
こうして真皮までもがダメージを受けて、その為に肌を支える機能が落ちてしまい、このようにしてシワ、たるみはできてしまいます。
最近の話です。
肌のケアをしていた時にふと思いついたことがあります。
肌が柔らかい状態でいる場合しわってあまりできないのかもしれない、ということです。
年々深まる目の周りのじわやほうれい線がどうにかなったらいいのに、と思いつつある程度あきらめてもいたのですが、周りでちょっと評判のいい、炭酸パックをやり始めて、なんとなく、肌がしっとり柔らかくなってきた頃から細かいしわなどはいつしか気にしなくなってました。
炭酸パックがしわに効いたのかもしれないと勝手に思っています。
加齢に伴ってシミができてしまったり、UVケアを怠ったために蓄積した紫外線によるダメージが原因となってできたりしますけど、様々な疾患が原因として考えられることもあるでしょう。
もし、いきなり目に見えてシミが増えたようであれば、疾患が起こる前触れであったり、すでに病気になっている可能性もありますので、至急、クリニックへ診察を受けに行ってください。
この数年間、肌に刻み込まれつつあるしわについて真剣に気になるようになりました。
中でも本当にどうにかしたいと思っているのは笑いじわで、目尻にできるアレです。
そもそも目の周りは皮膚が薄く、元々しわはできやすい場所で、こまめなスキンケアを行なうようにしている部分なのですが、皮膚が薄いということは、保湿の力も弱くて乾燥しやすいということもあり、ここはクリームを塗り重ねるようにして使い、保湿を何より重視するよう自分に言い聞かせています。
肌にシワができる原因は、細かく挙げれば色々なのです。
しかしながら、一番大きいと考えらえれているのが乾燥になります。
肌が水分不足になってしまうと、乾燥状態になり、これがシワの発生につながるのです。
例えば目じりですが、ここは皮脂の分泌が少ない部分となっており乾燥の影響を受けやすくなっており、どこよりも早く、小ジワが出てくることになります。
それから、加齢に伴ってコラーゲンやヒアルロン酸といった、皮膚の張りを保つための成分が減っていくばかりですから、シワ、たるみは加齢によっても増えていくわけです。
昔に比べ、「老けたなと」感じるシミなどが一気に増殖してしまうと、嫌になってしまいますよね。
若者のピカピカの肌を見ると、シミの「シ」の字も知らないような美しい肌で、化粧ノリの良さに羨望の眼差しで見てしまいます。
これからでも頑張って若い肌を維持して、シミが増えてガッカリなんてことのないようにしたいなと思います。
シミになる原因といえば、UV対策の怠りや加齢によることが多いと聞くので、日焼け対策とアンチエイジングで肌の抗酸化を忘れないようにします。
重曹を洗顔石鹸に混ぜて使うと、汚れがキレイに落ちて、シミが気にならなくなったとインターネットで話題になっていますが、注意しなければ、逆にお肌を傷つけてしまうこともあり得ます。
重曹というものは精製度によって、掃除、食品、薬品などの用途に分けられます。
食用の重曹なら大丈夫だと思われるかもしれませんが、洗顔用としては粒子が荒いので、ごしごし洗うのは避けましょう。
洗顔後は化粧水などでお肌をお手入れして、たっぷりと潤いを与えてください。

Back to Top